自転車いじりゃー

2015年5月 4日 (月)

モリガノ号(SuperFTC)に関する記事

最近こんなブログを読んで頂いたようなので
自分も改めて見返してみると
このブログは過去記事がとても見辛いのと
タグとかを振っていないために
思った記事に辿り着けませんでした。
ですのでちょっと補足記事なんか書いてみたり。
 
でかなりくだらん事ばっかり書いてるのですが
かなり詰めて改造してた2005年9月あたりの記事をご参照下さい。
その中でも自分的に参考にして頂けそうな記事と言えば
サスを硬くする方法」以降「リアサス改造」まで
ですかね。
SuperFTCの巡航速度をあげるべく色々としたのですが
元々の成り立ちからして
高速巡航には構造的に向かない感じですね。
なのでやはり太いタイヤで
ちょっとの未舗装路も走れちゃう感じ
を維持するのが良いかと思います。
その点で色々とジレンマを感じてしまって
フレームをこれまたマイナーな
村山コーポレーションのMC-1に変更するに至りました。
そちらも色々と問題点を抱えたまま
自転車に乗る時間が無くなって
4年以上経過してしまっています。
今年はMC-1を安全に乗られるように手を入れて
息子と楽しめたらいいなあと思っております。
SuperFTCのフレームはまだ保存しております。
 
こんな記事でお役に立てるかどうか...。

2010年10月 9日 (土)

現在入院中

現在入院中

最近散々TDR50ネタを書いてきたわけですが
現在入院中です。

いえ、TDRじゃなくて本体(私)の方です。
 
 
ヘマしましてね。
公園でBBQをして撤収し、駐車場まで
折りたたみ自転車MC-1で移動中の時。
元々MC-1はその特殊な折りたたみ機構のため
クランク軸と後輪が近く
リアホイールもリムセンターを
オフセットしないと後輪がセンターに来ない
少し無理をした設計になっている。
そこに私はそれなりの巡航速度が欲しいため
クランク側のチェーンホイールを
以前購入して使えなかった60Tのモノが
死蔵品であり、どうしても使いたかった為
多少擦ったりすることも無いではないが使っていた。
まあ時々チェーンが外れることはあったが
MTBでも山走ると時々外れるので気にしてなかった。
その改造が今回災いした。
 
歩道を下って行ったとき(←この時点でダメだが)
車道と高さを合わせるように
少し窪んだ感じになってる所で
その弾みで前側でチェーンが外れ
60Tと大きなチェーンホイールのために
チェーン自体が長い。
かつ軸間が短くタイヤ径が18インチと小さいため
外れて弛んだチェーンに後輪が乗り上げ
コントロールを失い転倒
その時に右手をついて
 
 
 
 
...骨折。
 
 
 
 
手首の所で薪を割るように縦に。
 
 
で。
現在入院中。
 
 
ゴジラ松井が入れたプレートと
同じものを右手に入れました。

TDR、この秋乗りたくて
必死に仕上げようとしていたのに。
 
結局このために、ウレタン塗装前に
3週間程乾かす事になり
その意味ではよかったと考えるべきか?

今期は乗れないかな~。
 
 
 
はぁ。

とりあえずMC-1はカプレオ化を進めて
チェーンを短く、かつ外れない対策を考えよう。

しかし...痛み止めがきれると痛いよぉ。
自業自得。

2009年9月 9日 (水)

整理。

自転車を趣味にしていると
どうも台数が増えてくる。ま、カメラも同じなのだけれど
やっぱりカミサンも引き込んだりして
カミサン用・自分用と増えていく。
ただ、いかんせん、占有面積が広い。
ガレージなんかがある家ならばいいけれど
団地だし、趣味の自転車を自転車置き場なんかに置きたくはない。
なので、2階なのに階段をえっちらおっちら持って上がってくるんですよ。
大変。
それ以上にリビングを占有している自転車が
割と何かを取るときに邪魔になったりして
動かすと、後輪の軸にはめたスタンドが外れて
倒れそうになったりして鬱陶しい。

そこで、前々から考えていた計画を実行。
以前、小僧SNS村内の自転車小僧というコミュで投稿されていた
自作のスタンドが素晴らしかったので
それを参考に、オリジナリティを加味して
一応3台を載せられる自転車スタンドを作ってみた。
基本は2台載せられるように、なんだけれど
今までの後輪の軸に嵌めていたスタンドで
2台並べて置くのと変わらない程度のスペースで
パズルの様に工夫すればなんとか3台載せられるので
今よりはスペース効率は良く
もうちょい工夫すればメンテ台としても使えそう。

こんな感じ。
 
Img_0196 
 
あ、そうだ。
この手前の自転車、買ったんですよ。
いきさつ書くの忘れてた。
そのネタは次にでも。

2009年5月27日 (水)

最近、神話の世界にハマっている

最近カミサンと共に神話の世界にハマっている。
(ん?カミサンはオレに付合ってるだけ?まあいい)
そこで
色々と調べて行くうちに
とりあえず奈良・大阪周辺で
おさえておかなければならないスポットがあちこちにある事が判った。
で、そのようなスポットをまわるには、自転車が丁度いい。
ただレンタサイクルだとどうしても元の場所に戻らなければならない為
(乗り捨てできる所もあるが)
輪行の為にMC-1を手に入れたのでコイツは使えると
かなり活用する気満々。当たり前か。
ただ今、ちとリアブレーキに悩み中。
それはいいとして
そこでカミサンと一緒に、となると
クソ重たいモリガノ号を復活させてやろうと思ったのであるが
そこそこ問題点がある為(だからMC-1買ったのですが)
どうするか悩み中であった。

MC-1リサーチ中に近所の自転車屋さんで一台
気になっている自転車があった。
それはもう5年近く前に自転車から撤退した
大手自動車ブランドの自転車。
ただ、ラン○ルギーニとかランド○ーバーや
シ○レーみたく”ルック車”ではなく
ちゃんと市民権を得た自転車。
もう、デットストックとかいうと聞こえがいいが
正直店頭在庫の売残り。よほど運が無かった子なんでしょう。
当初9万円近くで売られていたモノが
二度も値下げされていて、正直安いと思う価格になっていた。
なぜならサイ○リーとかいう中古自転車屋さんで
結構使い込まれた状態のものよりも安いので。
キズはあれど一応新品。
カードで買ってヤフ○クに出したら
儲かるんじゃないかなんて下心まで出てしまう。
コイツがね。
 
Psuka

そんな矢先、ある日ソイツは後輪を外され
裏に隠されるように置かれていた。
ああ、売れたのか。と残念な気持ちと
ホッとした気持ちが入り交じった感情になった。
その後、パーツを買いに行く度に、その状態が続いている。
いっこうに納品される気配もない。
気になる気になる気になる。
そんな話をカミサンにしていたら
カミサンがだんだん本気になってきた。
出来れば一緒に輪行したいし。
なので店員に思い切って聞いてみた。
そうするとパーツ取りしたからこの状態では売れない
価格はシステム上変更出来ない
組み上がったらお知らせしましょうか?とのこと。
その旨をカミサンに報告。興味津々。
次にカミサンを連れて来店。
どうせ部品取り寄せならカスタム出来るか交渉。
OKだがこれ以上値下げはできないと。そりゃそうか。
で結構キズが多い事を確認。
本気になって考えて更に次の日来店。よし、決めるぞ!と交渉。
せめてチェーンホイールは60Tかノーマル56Tにしたいと押したが
60Tで入手できるパーツが無く、かつ今はその代理店と取引がなく
ノーマルパーツも入手出来ないと。
ムムム。それはいかんなぁ。
52Tなら組めると。そんなローギアードならイヤだ。走れん。
でリアディレーラーもアルタスを新たに着けるなんていうので
ディオーレかティアグラやカプレオクラスにしてくれ
とダダを捏ねたら
面倒くさい客だと思われたのか、吹っ切れたのか
”じゃあカプレオのコンポで組みます。
すぐ発注します。同じ値段で結構です。”
とのこと。
へ?いいの?
チェーンもハブもカセットもクランクもシフターも
換えなきゃいかんけど?下手すりゃBBもだぞ?
わかって言ってるのだろうか。
まあプロだろうから大丈夫だと思うけど。
組み上がったら連絡します。とのことだが
泣きの連絡が入らないか多少不安である。

ニヤケながら店を後にしたのだが
その為にモリガノ号をパーツで売りに出さなきゃならん。
でもって...長年放置してきた単車も
この際オクに出品してみた。未練タラタラですが。
多少足しになればいいなぁ。

仕上がりが楽しみ。カミサンのだけど。
ちゃんと上記のものが売れたら半分はオレのだ。フフフ。
 

2009年4月23日 (木)

MC-1その後

先月よりなかなか進まなかった初代MC-1ですが
今週末に使わなければならないので
(予報は雨だ(T_T))
それに合わせて追込み。

モリガノ号よりRDを移植、ワイヤーアウターをカット
 
...誤ってケーブルもカットしてしまった...。

仕方なく買い物に。
ドリルの刃2本と足らなかったアウターと切ったワイヤーなどなど。
苦労しながら穴アケしてブレーキ取付。
何度かやり直しの後、具合もよくなった。
ケーブルを通し、チェーンも装着してなんとか形に。
 
ふぅ。
 
でもどうもチェーンラインがおかしい。
BBとハブ軸間の距離が小さく、アウター側だとチェーンが曲がりすぎる。
仕方ないので60Tをインナー側に移し
アウター側は...低発泡PPとかいう板買ってきて
ドーナツ上に切りました。で取付けると
なんかレコード盤をクランクに取付けている感じでものすごい違和感。
ステッカー貼ろうと思ったがいいのがなく
仕方なくギアに合わせてカットしてみた。

Photo

正直あまりカッコ良くないけど仕方ない。
あとはステッカーチューンしかないなぁ。

やっとこさ試走。
どうもシフターとシンクロしないし
標準5段だと前60Tで坂がツライ。

家に戻ってカセットを十ン年前の7段カセットに取替
RDのワイヤーの噛ませ方を変えて再試走。

シフターはバッチリシンクロ。
グリップシフターは初めてだが案外快適。
ただ回してるウチにグリップが抜けてくる...。
カセットはまぁまぁいい感じだが
MC-1特有のチェーン跳ね上げピンが干渉してカラカラ音が。
現状こんな感じ。

Mc1

課題は多いけど
モリガノ号に比べてフルリジットなせいか剛性感があり
漕いだ分前にちゃんと進んでいる気がする。
デザインは相変わらず難ありだけれど
リアがめでたく18インチになったあかつきには
輪行で大活躍してくれることと思っております。
階段以外は荷物を背負わなくて良いというのは、他にはないメリット。
重いけど、それなりに価値がある。
まま、満足かな。

2009年4月14日 (火)

MC-1 途中経過

ここのところカメラネタで書くことが少ない。
OM-3を里子に出した事くらいでしょうか。
まだ未練があったりするのですが
レンズを揃えてから...っと。
今は頑張ってハーフで作品作りを...。

お陰で徐々にパーツが揃いつつあるMC-1ですが
割と近距離の旅行をする計画にあわせて
乗れるように仕上げていこうという訳です。
で。
とうとう自家塗装に踏み切ったのですが
なんせクルマ用の塗料位しか手に入らないものですから
ほとんどがメタリック色。
ソリッドはろくな色がなく断念して
散々悩んだ挙げ句、
レガシーのバイオレットブルーマイカといわれる色に決めて
塗ったものの
どーも想像してたよりも濃く
メタリックも紫も強めに仕上がってしまい
一つ間違えるとヤ○キー仕様車。
 
 
微妙だ。
 
 
悩みに悩んだライトブルーにしておけば良かった...orz。

でももう塗ってしまったものはしようがない。
諦めてラインなりロゴなり入れて
重たい印象を多少なりとも軽減しようと
白い紙でアクセントの位置を悩んでる写真がコチラ↓

Mc1blue

今回はバッタモン的なロゴを入れるのも躊躇していますが
(前回のモリガノ号は...(^^;))
結局今回は若干BSMの感じをパク...いえ参考に
全体的に落ち着いた雰囲気に
仕上げようかと目論んでおります。
さらに今後、セラアナトミカの皮サドルなんかを与えてやれば、
ぐっとトラディショナルな感じになるかと。
高いのですが、今後フレーム変わっても使えそうだし。
ブルックスは硬くて馴染むまで拷問らしいですし...。

まあ色はアレですが
ノーマルの走る太刀魚的な雰囲気からは
走るグレ位にはなったんではないかと思っておりマス。
メカメカしくする方向か
シックな方向かは人によりますが
モリガノ号がかなりゴテゴテしてしまった反省から...。
リア回りのコテコテ感はどうしようもないですが
これはMC-1のアイデンティティですのでこれはこれでヨシと。
ちなみにステムは元に戻して
シムを入れてロード用のステムを差し込みました。
...畳んだら、ハンドルが下のほうに行ってしまったので...。
あとはパーツを組みつけていけば
とりあえず走るようにはなります。
リアホイールはその場しのぎの手持ち20インチなので
現状折り畳んでも真っすぐ立ってくれませんが
6月に入れば普通に
キャリアに座って釣りも出来るように??なります。
 
(ちなみに私はあまり釣りは判りません、メーカーページ参照)
 
 
 
やっぱり水色にすればよかったような...。

2009年4月 9日 (木)

買い物

ここのところ世相を反映して仕事が少ない。
ま、落ち込んでも仕方ないので
貧乏なりに楽しんでいこうと。
で、そういう訳で?久し振りに
ウエムラパーツとカワハラダをハシゴしようと向かった。
カラコラム700C号で。
交通費節減になるんだろうか、かえって食事代がかさんだりして。
前回スポーク折れで放置後、やっと直して行ったのだが
18km位走った天神橋辺りで
後ろからカラカラと音がするじゃないっすか。
ふと見てみると
...もう次のスポークが折れてる ... _| ̄|○

せっかく今振れ取り台をお借りしているので
スポーク総取っ替えしようかと思い
買ってきた。

Spoke

番手を下げて太くしようかとも思ったけれど
13番が置いてなかったのと
DTswissのは強いらしいのでそれの14番を購入。
とりあえずそれでいってみよう。
 
ま、その話は置いといて
今回は迷わない為に大手幹線道路を走る。
自宅から素直に行くと梅田を通過してしまうので
せっかくなので中古カメラ屋さん等を経由しながら
13時前頃粉浜辺りに行くと
...あら...木曜定休だと思ったら火曜日も休みなのね...。
28kmも走ったのに(T_T)
仕方なく昼飯を...と思い辺りをブラつくと
住吉大社が。
とりあえず観光。
しかし、最近寺社には恵まれていないようで
奈良行くと平城遷都1299年で
補修改修工事ばかりでつまらんと思っていたら
ココもなにかイベントの準備でテント立てたり色々と。
結局社に近付けず...なんなんだろホントに。

仕方なく先を急ぎ、途中、牛丼しばいて(死語)カワハラダに。
散々欲しいモノを探しまわった挙げ句
ほとんど見つけられなかったので
店員サンに聞きまくり。
まるでアゴでつかうかの如く方々走り回らせ
電話掛けまくりのパソコン操作しまくりで
迷惑かけましたがおおよそ欲しいモノをGET。
そこで発覚した事。
現在MC-1用に調達したA-CLASS FOLEXの
リアホイール用24Hリムは部品調達出来るようで現在欠品中だそうな。
まだ判らんが6月頃入荷する予定だそうでとりあえず発注。
しばし20インチで過ごそう。またハブで悩もう。
 
そうこうしているウチに店を出たのが16時半。
家路を急ごうと...
途中、フィルムカメラがいっぱい並んだ店を発見し
迷ったが入店。
...キレイなPEN-Fがずらーっと並び
凄い店なんだが、どうも店主は貧乏人と外国人が嫌いらしく
ひとしきりそのような話が続き...う〜ん、苦手だ。
ただ気に入って頂いたようで店先でなぜか記念撮影までして頂く。
先を急ぐ。
結局淀川を渡りまたもやイトーちゃんに。
2品購入し帰路に。 
 
今回走行距離約73km。
ちょっと部品のやりとりの関係で
ポジションをちょっと変更したのだが
それが裏目に出たようでハンドル遠すぎの低過ぎで背筋が痛い。
変更しなければならんようだ。
今回はマメに補給しながらだったので
前回の43kmと疲労感は変わらなかったが
結構後をひいている...今もあちこち違和感。

とにかく休まず自転車に乗る事を目標にしよう!

2009年3月30日 (月)

スポーク買ったらスポーク折れた

大丸中古カメラ市には
とりあえずおさえておかないと、と思い
大丸まで行って参りました。
今回も意を決してカラコルム700C号で。
結構風がキツく、時折パラパラと雨粒が落ちてくるも
本降りにはならずでよかった。
 
で。
 
2000円の難ありPenやら、12000円の初代VCメーター、
結構安いハッセルの50mmや60mm、120mmなんかあっていい感じ。
Pen-Wも12万〜8万位で合計6台位見かけたかな?
(みんな不況で手放したのかなぁ?)
などなど、気になったが...今回は目の保養だけで
とりあえずPen-F用のアダプタがオークション品目として並んでいたので
入札だけして会場を後に。
 
その足でやっぱり北浜ローロサイクルワークスへ。
前回スポークが異様に高いと思って躊躇して買わなかったが
スポーク長計算してみると148mm(!)と市販品はない長さ。
ってことは...切断加工品としたら意外と安い!と判り
#14ブラック21本購入。2700円弱。
しかもその場で加工で待ち時間10分程。これは嬉しいかも。
市販でない長さはまた買いに来ようっと。
 
帰り。またもやお腹がすいてきて
今日はマクドでまったりと思いながら走るが
地図も持たずにテキトーに走ってるものだから
結局マイナーロードばかり走り、発見出来ず。
途中でパキンッと音がして後ろスポーク折れ(TT)
空腹もあってなんか悲しい気持ちで帰宅。
暫くマトモに立てなかった...。
走行距離43km程。補給を何もしなかったのが失敗...。
 
後日仮組。
モリガノ号からステムとクランク、サドルを移植
押入れで大切に保管していた
60Tのチェーンホイールも着けてみた。
ハンドルをライザーバーにしないと低すぎるが
ハンドルの近さは解消。
それだけすると、全く違った印象に。
ちょっとカッコ良くなったんじゃない?
だんだん自家塗装、面倒くさくなってきた...。


Mc1


2009年3月23日 (月)

ホイール

最近自転車ネタが続いております。

手に入れた旧型MC-1のフレーム。
以前書きました通り
16インチHEのホイールが標準のところ
18インチ化加工がすでに施され
18インチ用のフォークも付けてくれたというモノ。
なので当然18インチでいこうと思っているのですが
多少問題があり
18インチフォークを使い、前後18インチホイールだと
輪行カート状態時、傾くらしい。なので
1 16インチ用フォークを使い、細タイヤでなんとか納めるか
2 18インチ用フォークを使い、リアを20インチとする
という方法がいいみたい。
現在20インチのホイールはあるので
とりあえず 2 で使ってみて
輪行時の大きさを考えるとそのうち 1 で
前後共18インチで行きたい。
それに加え、更にエンド幅。
フロント 73mm 、リア 135mmのようです。
リアは折りたたみのギミックの関係上
5mm程度のガタはありそうなのでロード用もいけそうだが
フロントはDAHON、ブロンプトン、BikeFriday、モールトンあたりの
ハブを使わなくてはならないようだ。
実際使えそうなハブ+16インチホイールはあるのだけど
そのせいで1台自転車使えなくするのもどうかと思うので。

色々とネット上を彷徨った結果
ブロンプトンの標準ハブ(約3000円)か
アメリカンクラシックのハブ(約6000円)位しか情報がない。
オークションでもどうも手に入りそうにないので
関西でBikeFridayといえばココ、ブロンプトンも扱っており
店頭に無くても裏から大抵のモノは出てくる店といえば

イトーサイクル(勝手にイトーちゃんと呼んでいる)

ココしかないでしょう、と思い
午後天気が回復した金曜日に
エセロード カラコラム号で向かった。風がキツい。
 
 
 

...イトーちゃんにも無いものがあるんだ。

ブロンプトン用のハブなら取り寄せられるかも、との返事。
ブロ用のハブはナット止めなので
外でのパンク修理でスパナを持ち歩くのも面倒なので保留。
仕方なく店を後に。
こうなったら、と、そこから北浜に向かい
小径車専門店LOROサイクルワークスへ。
過去にブロンプトン18インチ化の実績があるので
何かあるんじゃないかと期待して。
で相談しました。
さすがLORO。
高いけどオリジナルハブがありました。

Lorohub_2

レジ打間違えて危うく9000円弱するところでしたが実際は6300円でした。
でもなかなか回転もよさそう。
店員サンが倉庫に探しに行ってくれて
最後の一つ、と(商売がうまい)。
欠品すると当分入ってこないような感じだったので。

じゃ次はリム。
欲しかったのは小径車定番のDA16(約2800円)あたり。
シングルウォールのリムには散々悩まされたので
今回はダブルウォールがいいからね。

そのハブに使えそうな18インチのリムはあります?って聞いたら
そのハブ、20Hらしい。
そんなリムあるのか?と思ったが
出てきたリムがこちら。
 
Folex

A-CLASS FOLEX??
うそ、これ完組ホイールのヤツやん。
リムだけ部品売りしてるの?
お値段4200円也。高い。
でも現状このセットしか無い、ということになるので
買わない訳にもいかない。
 
...MC-1にA-CLASSのエアロホイール...
なんか不釣合いな感じがするが...仕方ない。
 
購入しようと思ったが
元々リム2本とハブ一個、スポーク合わせて
12000円位の予定だったけれど
フロントホイールだけで15000円(レジ打間違えたので)との事。
カードも忘れていたのでそれを買うとスッテンテン。
帰りに何も食べられないので
 
...とりあえずリム1本とハブのみでcrying

スポークとニップルは何色にするか暫く悩むか。
リアホイールも悩まなきゃならないし。
 
さすがにデイパックには入らなかったので
バンドでくくり付けて帰路についたが
ワイヤーロックを忘れてたので
マクドすら行けやしねぇ。
 
思わずドライブスルーでも通ってやろうかと思ったケド。
さすがに思いとどまり空腹のまま帰宅。
久々にしたら走り過ぎたかな。


2009年3月18日 (水)

公私共に忙しく

自営業だとこの時期は忙しい。
やっと確定申告が終わったんだけれど
車検がもうすぐなのでタイヤ替えなくちゃとか
最近管理組合だとかに
かまなくてはいけなくなり
きょうも屋上に上る事になっている。
家に居ると、ヒマだと思われるので
色々と呼び出されたりで
仕事が進まない。

そうそう。
そこで村山コーポレーションのMC-1のフレームですが
せっかく買ったけど全く進みそうになく
妄想するしかないので
とりあえず20インチのホイールに乗せてみた。

Mc120
 
予定では18インチにするか
あるいは数ミリ外径の小さい
16インチW/Oのホイールを履かせようかと構想中。
しかしFハブの幅が実測73mmなので
ブロンプトンやTikitのホイールが丁度良さそう。
悩む。ブレーキの問題もあるが。

あと、ブルホーンにはしないつもりだが
このステムを移植してみようかな。

Moris

ハンドル位置がかなり下がりそうなのが問題だが。
あとはハンドルをTikitで使われているH型なんかよさそう。
いずれにせよ資金があまりないのでチビチビできる事からだな。

それと本体色。
ホムセンでカー用品の塗料とにらめっこしたが
ほとんどメタリック色で、ソリッドだと選択肢が少ない。
どうしよっかな。
Tikitばりにメインフレームとシートポストを
シビックの赤にして、その他パーツ類、フォークは黒、とか。
擦れるキャリアや可動部はポリッシュのまま、かな。
 
う〜ん。
 こういう時間が結構楽しいのだ。
 
 
 
 
しかしブサイクだなぁ。
 

最近のトラックバック

管理用

★お知らせ★

  • pcg_annai

twitter