« 我慢が出来なくなってしまった | メイン | EBCフジノン »

2007年11月13日 (火)

マウントアダプターPを小改造

思い立って小改造。
いや改造というほどたいした事でもないかな。
 
間違ってOMレンズ用のアダプターだと思って
ラッキーにも手に入れたPen-F系のオリンパス純正
プラクチカ(M42)用マウントアダプタ。
探してもなかなか手に入らないかもしれないので
あまり参考にならないかもしれません。
M42でよく問題になるのがMANUAL−AUTOの切替の有無。
無いと絞り開放でしか使えないから
みんなピン外したりアダプタに改造加えたりと色々してる。
で同じく私もしてみた。
用意したのはコレ↓
 
Ugqmtnzf

 
TOTOの38φの”THY91507”と書いたパッキン。
洗面の排水管用だと思います。
300円位でホームセンターで入手しました。
で、
純正のアダプタは側面に3本イモネジがあるので
それを緩めるとM42側のマウントがすっぽり抜ける。
そこにグレーのパッキンと赤いスペーサーを入れる。
赤いのは少し大きいのでちょっと波打ちましたが。
あまり気にしないでよさそう。
でマウントを戻す。
 
それだけ。
 
でこうなりました。
 
Qpvylgqq

 
なんかSONYのαマウントみたいになってしまいましたが
それはそれでカッコイイ(自己満足)。
コレだけで簡単にピンを押してくれるようになります。
全部のレンズを試した訳ではないのですが
柔らかい赤いスペーサーの波打ち具合が
SMCタクマーレンズの絞りのアームも
やんわりかわしてくれるようです。
ちなみに青いパッキン入れちゃダメです。
硬くてモロイのでねじ込んで削れて
レンズにゴミが入って、かつアームを押して
絞りが全域に回らなくなってしまい困りました。
危ないとこです。なんとか復旧しましたが。
グレーのパッキンだけだと絞りが設定値まで絞られません。
300円でオイシイ改造です。
念のためですがコレを参考にして
レンズに何か不具合が出ても責任持ちませんので
慎重にやってくださいね。

純正のアダプタだとちょっと細身で
そこだけ見た目安定感が無くて落ち着かない感じですが
強度は特に問題なさそう。
で、なにより
 
Zjt6trhp

 
こうやってフジノンでもポッチリをかわしてくれます。
よく出来てるやん。
そう、今回手に入れたモノのためにしたんですけどね。
そのネタはまた次回に。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/357353/15147216

マウントアダプターPを小改造を参照しているブログ:

コメント

初めまして!
マウントアダプターPを最近入手しまして
手持ちのEBC FUJINON 55/1.8を使ってみようとしたところ
ピン押しが出来なくてちょっと困っていたところに
こちらの情報が!!

さっそくパッキンを購入しに行ってきます。
有益な情報ありがとうございます。

いろいろ弄られていて、なんだか楽しそうですね。
過去ログから眺めさせて頂きます~

PhotTonさん初めまして。
ようこそ!
PenFTお使いなんですねー。
FUJINONは惚れてまうレンズですよね。
28mmは手放してしまいましたが結局忘れられず
コンパクトのクラッセWやナチュラSなど手にしました。
OMアダプタお持ちなら他はあまりいらないかもしれませんが
ペンスケッチ展会場で購入しましたmukセレクトさんの
Pen-EOSブリッジアダプタもいいですよ。
限定生産なので他のマウントもお試しなら是非。
って回しモンじゃないですよ。
純粋に40年も前のカメラのパーツが出るなんて
凄い事ですよね。
 
アダプタの改造はホント簡単なのでおすすめです。
もし不具合があれば逆に教えて下さいね。

遅ればせながら、素晴らしい情報をありがとうございます!
私も、絞り連動ピンが押せないことにより、使いたくても使えないM42レンズが多数有りました。わざわざお金を出してピン押しタイプの他社製マウントアダプターを買うのもな~って悩んでいたところ、この情報にたどり着きました。

TOTOのTHY91507は今でも簡単に入手でき、できた!と思ったのですが、2点問題があり・・・。
① 赤リングの内径が大きく、レンズによってはピンを押してくれない(ピンが赤リングやグレーパッキンの内側に入ってしまう)
② 赤リングの位置がレンズ側ギリギリに来ない(1mm位の遊びが有り、グレーパッキンと一緒に少し奥に入ってしまう←実はこれで丁度良いのかも知れませんが・・・)

で、自作で以下の対応を施しました!
① 赤リングの代わりに、0.5mm厚の塩ビシートで少し内径の小さいリングを自作
② 2mm厚の天然ゴムシート(スポンジタイプ)をリング状に切り抜き、グレーパッキンの奥に挿入

そうしたところ、どの様なレンズのピンも捕らえることができ、また、スポンジがクッションの役割を果たしつつ適度にピンを押す仕様となりました!
今まで眠っていたM42レンズ(Vario-Pancolarなど)が大量に使えるようになり、大満足です!

この様な改造にチャレンジしてくれたこと、有意義な情報を公開してくれたことに、本当に感謝です!これからは、もっとM42レンズを集めよぅ・・・。

xingxingさん大変お返事遅くなり申し訳ございません。

逆に大変有益な情報有難うございます。
当方の手持ちのM42では問題無かったので
その他のレンズでの検証はとても助かります。
次手に入れたM42レンズで問題が出た時には
是非ともこの情報を元に改良してみます。

コメント有難うございました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック

管理用

★お知らせ★

  • pcg_annai

twitter