Macいじりゃー

2010年8月 2日 (月)

MacBookのHD換装

MacBookのHD換装

仕事にプライベートにメインマシンとして
頑張ってもらっているMacBook Black。
もう古いマシンだけど
Core2Duo 2.0GHzでなんら不満を感じることはなく
多少バッテリがヘタってきたかも、という程度。
しかし時代の潮流には勝てないもので
BootCamp起動のXPのアップデートやら
世間の用途が変わってくるともらうデータもどんどん肥大化。
20GBもあれば大海原で泳いでいる気がしてたのにもうカツカツ。
サーバーマシンにデータを抜いても残り200MBを切ろうかという勢い。
さすがにこれはまずかろうとようやくHDの換装に挑んだ。
今ではもう安くなった500GBにしようと。
外出ついでにアニオタの街になりつつある日本橋に。
HD自体は6000円弱でシークタイムの若干速いモデルに。
ただ困ったのはHD外付けケース。
当家初のSATAインターフェイス。
古いMacしか知らない私はてっきりFireWireでないと
システム転送も外部起動もできないものだと思って
(まあ他の手元のマシン達がFWだと都合がいいのもあって)
散々そのようなものを探したのではあるが
結局今の外付けHDケースはほぼUSBしかなく
唯一FWを搭載しているものは、なんと1万円超え。
NAS化キットも実際は殆ど人気がないのか
1~2種類ある程度。そうなんだ...。
散々悩んだ挙げ句
見つけたのは一つで5.25/3.5/2.5インチ、IDE/SATA対応
かつAC付きという至れり尽くせりの外付けKIT。
1500円程だがこれで何とかなるかと決断。
 
で。
 
換装に挑みました。
大変でした。
そんな簡単にうまくできません。
 
もしHD換装でこの記事に行き着いた方のために
先に言っておきますが私はまだOS10.5.8という条件で
 
・MacOSのシステム転送はタイムマシンを用いた方が確実
・BootCampのコピーはタイムマシンではできない
・WinCloneという有り難いアプリはあるが
 FATフォーマットだとうまく復元出来ない
NTFSフォーマットだとMacからアクセスできない
 (ウソでした。Bootcamp領域にアクセスできてます。)
・当たり前なのですがFATフォーマットだと32GB以上に
 できませんのでご注意。 

このことを念頭に置いた上で作業をする方が良いです。
ハマりました。
外付けケースの問題かもしれませんが
なにせシステムの復元を用いて外部HDにコピーしても
全く立ち上がりませんでした。変なことしたかな?
あ。GUIDにしたつもりが出来てなかったかもしれません。
それだったらディスクユーティリティで復元使えば出来るかも。
では作業を。
必要なものは取り替え用HD、外付けHDキット
タイムマシン(バックアップ)用のHD
OSのCD。WinCloneというアプリ(頑張って探してください。)
精密ドライバのプラス。星形のレンチ。
 
まずはタイムマシンでバックアップ。2~3時間。
次にXPで立ち上げてFATをNTFSにコンバート。30分位。
このときに空き容量がないとコンバートできませんので
先にデータを避難させて空きを作っておきましょう。
コマンドプロンプトでの作業ですので
Macしか知らない人には若干ドキドキ。
コンバートが完了したら
Macで立ち上げなおして、WinCloneを起動して
バックアップのHDにXPのクローンイメージを作成。
次に新しいHDに交換します。
くれぐれもHDの表裏には注意しましょう。
これを間違うとゴムのレールが奥でクシャクシャになってしまいます。
やっちゃいました。
やっちゃった時は割り箸などでどうにかこうにか取り出し
両面テープ位で貼っておきましょう。それで十分です。
 
取り替えたら、OSのCDで起動。
画面上のメニューの中からまずは
ディスクユーティリティを起動してフォーマットします。
パーテーションを切りますが
Mac用の領域(MacOS拡張ジャーリング)
Mac←→Winのデータやり取り用のFAT領域
 (32GB以内、MS-DOS形式)
いらなかったです。
BootCamp領域(MSーDOS形式)
の三つに分けました。NTFSの指定は出来ませんが大丈夫。
オプションを押してGUIDの指定をしておきます。
私はここでハマったような...。
個別のパーテーション単位で指定出来ないんですね。
Win領域でもGUIDの指定になってしまっていました。
次にまた画面上のメニューから
バックアップから復元を選んで
外付けHDのバックアップファイルを指定し復元を開始。
この状態でほって寝ました。
3~4時間位かかったみたい。
で復元が完了したら改めて起動し直し。
無事起動したらWinCloneを起動して
バックアップのイメージファイルを指定してBootCamp領域に復元。
これは30分位だったかな。
エラーがなければ普通にWin起動出来ます。
調べるとちゃんとNTFSフォーマットになってました。
なにもなければ時間はかかるが簡単。
ハマるトコロは
・パーテーションを切るときにGUIDの指定ができてるか
・WinのフォーマットをNTFSでしているか
・HDの表裏を間違って入れていないか
 
ここでしょうね。これがちゃんとなってれば
わざわざバックアップとらなくても
外部HDとして新規HDを接続して復元すれば
時間は半分で終わってしまうでしょう、おそらく。
こういう作業はタマにしかしないので
すぐ忘れてしまうんですよねー。制限とかを。
まこれでスキャンしても仕事で重いファイルが来ても大丈夫。
ただサーバーのHD容量を超えてしまったので
バックアップは取れなくなったなぁ。
今までもとってなかったケド...。
取り替えたHDでとれるうちは
ちゃんとバックアップしておこう。
では挑戦するミナサマ。ハマらないようにお気をつけて。

2008年2月21日 (木)

サポートの方、ごめんなさい。

MacBookのOS10.5における不具合、解消してしまいました。
 
前回にサポートの方とのやりとりから
これはMacBookとモデムの相性問題と思いはじめ
色々と探ってみた。
すると、おなじくMacBookでこまっていらした方のBlogを発見。
その方の解決法が
<通常>ADSLモデム→内蔵ルーターがIP割振り→無線APをブリッジモード

<変更>ADSLモデム→内蔵ルーターブリッジモード→無線APがIP割振り
で解消した、というもの。
その方はモデムのメーカーサポートに電話してタライ回しにされた挙げ句に
そのやりとり中の一言でひらめいて実験してみたら解消した、とのこと。
なるほど。
と思い、自分の方も実験してみようとモデムの設定画面を呼び出そうとしたが
ブラウザから見に行くもので、やり方を忘れたのでメーカーページに。
そこでやり方を調べているうち、2002年に出ているファームウエアを発見。
”今問題なきゃアップデートしなくていいよん”と書いたアップデータだったが
不具合あるのでアップデートしてみた。
 
 
あ。
 
解消しちゃった。繋がる。再起動しても即繋がる。
回線速度はWin起動の方が出ている気がするが
”つながりません”なんて薄情な画面が出なくなった。
 
あらま。
 
速攻アップルサポートのオネーサマに謝りの留守電を入れておいた。
それから連絡はないケド...。
 
お手数おかけしました。でもなんでOS 10.5から???
ま、いいか。
繋がるんだから。
 
ちなみにウチのモデムはNECのAterm DR30F/CE です。
NTTのADSLモデムも8M/1.5Mの分は同じものを使っているらしいので
同じような悩みの方がいらっしゃるかもしれません。
これで解消です!

2008年2月18日 (月)

Appleのサポート

MacBookのネット接続は相変わらず不調である。

Appleのサポートに頻繁に電話して(迷惑なヤツだオレ)
一般サポート部隊を突破
その後、技術サポート部隊と対戦し
とうとう技術サポート部隊の一人とタイマンはることになった。
 

イヤイヤイヤ、別にケンカごしではないです。
とっても穏やかに丁寧にお話しています。
担当者が女性でなんか嬉しかったり。
繋がりにくいですが、対応はとてもイイ感じです。
で、そこで言われた通り実験をしてみた。
面倒だが一度OSのバージョンを下げてみた。
もともと買ってすぐ10.5にアップグレードしたから試してなかったので
いったん10.4.8に。
するとネット接続は快調そのもの。
ここで移行アシスタントを使ってPBG3の環境を移した。
これでも問題は出ない。
とりあえずユーザーを二つ作って環境を移行していない”素”の状態も作っておいた。
次に世間では10.4.10あたりから問題が、ってことなので10.4.11にアップしてみた。
これも問題なし。あら????
ただ、BootCampのベータ版がダウンロード終了してるので
仕事しようと思うと10.5にあげなきゃ意味ない。
仕方なく10.5にアップグレード...(;_;)嗚呼やっぱり。
ということは10.5がダメそう。10.5.2でも解消されない。
そのことをサポートの担当の方に連絡。
それから電話で話しながらまた実験。
忘れてた有線接続を試してみる...おお!
約10秒毎に接続→IP割振り→切断のループをずっと繰り返すじゃないか!!
どうもウチでは無線Lan接続の問題ではないらしい。
サポートの方によると、
”(無線と有線Ethernetの)二つを一括して管理してる所が(MacBook内に)ないんですが...”とのこと。
いちおう2〜3週間かけて調べてくれるとのことだが
これはやっぱりモデムとの相性問題なのかなぁ。
 
となるとモデム買換え=光回線化????
う〜む、悩ましい...。

2008年2月12日 (火)

MacBookのはてな

展示処分品とはいえ
新品のMacを購入したのは約10年振りである。
なので。
無料電話サポートを活用させてもらっている。
対応は、ままよろしい(上から目線)。
 
で、なんでサポートの電話なんか使っているかというと
この世代のMacBook特有かもしれないが
(MacBook Black Core2Duo 2.0GHz 2006年11月モデル)
ネット接続が不安定で切れやすいんです。
というか繋がりにくい。
立ち上がってから、とありあえず5分位ほっとかないと繋がらない。
でよく切れるのと、遅いのと。
AirMacのせいかと思いきや、無線Lanは問題なく接続されている。
こうなると自宅環境のせいかと思ってしまうんだけれど、
そうとは言えないんです。なぜなら
”BootCampを使ってXPで立ち上げると全て問題ない”点なんです。
(PowerBookG3やカミサンのPowerBookG4のOS10.3でも問題ない)
XPだと立ち上げてすぐネットの繋がるし
OS10.5でブツ切れでそのうち途中でストリーミングが止まってしまう動画が
XPだとほとんど切れなく見られたり。納得がいかない。
(動作が遅いんじゃなくて受信が遅れるんですね)

 
レシピ見ながら料理したりすると、バッテリ駆動することが多いから
見てちょっと離れてスリープに入るとまた接続できないなんて事が茶飯事。
正直なところ、不便と苛立ちで
せっかくMacBook買ったのに8割がたXPで立ち上げてる。
意味無いし...。
 

もう、ちょっと諦めモード。

なんか解決策ないかなぁ。

とりあえず無料のうちにシコタマサポートにお世話になろ〜っと。

2008年1月17日 (木)

さっそくBoot Camp 入隊!

はやく実践投入したいので
さっそくBoot Campに入隊しました。
あ、”ビリーズ”じゃありません。入隊の必要ありそうですが。
MacBookのはなしです。

メモリと共に買ってきたWinXPをインストール。(←なぜビスタじゃない!)
いままでWin2000だったので
インストールがずいぶん手間がかからなくなっている事に関心(遅
また多少の注意点にさえ気をつければ簡単でした。
 
さっそくAUTOCADを体験インストール。
しかしここでコイツはやっぱりMacBookである事に意識させられる事になる。
 
まず。
”delete”キーはMacではWinでいうところの”Back Space”であるということ。
線を消そうとおもうとdeleteキーでは消えない。
”fn”+”delete”で消える。しょっちゅう使うのでまだ慣れない。

半角/英数キーがない。
IME動作で全角入力だと数値入力できないので私は頻繁に切替えるのだが
ないのでIMEで半角にしてリターン押さなければならない。なかなか面倒。
 
Ctrlキーの位置が違う。
Macだとコマンドキーで同じ機能をしていたので
位置もほとんど変わらず違和感なかったんだけど
いままでCtrlを親指で押していたのが小指で押すことになり
コピー、カット、ペーストがやりにくい。
 
Ctrl+Alt+deleteとcommand+option+escで迷う
慣れだけで済む話だけど。あれ?deleteキーって???
 
クリックボタンがワンボタンである。
私はデスクトップのテンキーが右に、リターンキーも右側にあることから
CADの使用時はマウスを左手で使うように変えたんです、以前に。
マウスの主/副キーを変えたままだとクリックボタンが”右クリック”になり
なにげにマウスを外した状態だと何もクリック出来ない状態になる。
 
ただ
escキーがWinだとF1の上にあったがMacBookだと隣にあるので
キー自体が横長の為、同時に押したり押し間違ったりが激減
要らないヘルプが立ち上がったりがほとんどなくなった。これは利点。
 
こんなところです。
MacとWinを別々に使っていた時には気にならなかった事が気になります。
ただしこれはMacBookなどノート型のキーボードを使った時の話で
例えばMac miniにWin用のキーボードを使っている場合は全く問題ないかと。
なにより全く普通にMacでAUTOCADが使える事が嬉しい。
慣れで克服かな?
AUTOCADのキー割当の変え方を調べるか?
検討しよう。

本格導入しようかなぁ。
 


2008年1月16日 (水)

とうとうMacBook Airが出た!

Awlnxtzo
PowerBookG3−400MHzとThinkPad X30がメインマシンだった私。
いつか17インチMacBookPROを買おうと節約のため
両方とも中古で買ったのですが
ノートマシンを中古で買うのは最近あまりよくないと思いだしました。
なぜなら、私も酷使するので
もともと結構酷使されてきたものは弱い、と。

両方とも、マシンが不安定になってきたならまだしも
物理的崩壊がはじまってきていて
PBG3はヒンジが弱くなりつつあり、ネット接続が不安定、ACアダプタ死亡
買う前からの持病がCDD不良とクリックボタン感触変、バッテリ死亡。
X30は右側の筐体が割れてきて、PCカードスロット破壊
HDDの容量も限界に近く、バッテリが弱り気味。
おおよそ両方ともそろそろ限界。
 
ここでとうとう出ました!Appleから待望のモバイルマシン!
小ささより重量と薄さのこだわったのね。
ちょっと持ち歩くには怖そう。でも1.3kgはX30より軽い!
よ〜し、ここはいっちょ奮発して!
 
で、買いました。
上の写真のMacBook Airが写っている枠の方。
...MacBook Black。14日に。
展示処分品。2006年11月発売モデル。しかも分割払いで(;_;)
 
15日に新製品発表があるのも知っていた。
MacPROが先に発表されたので
MacBookPROあたりがリニューアルするかもしれないと思った。
でもMacBookの方は今はないだろう。
2ヶ月経ってないし、結局Newモデル出ても財政的に買う訳がない。
ちょっと離れたコジマの展示品が
値下がりするまで、とずっと観察していたのだが、
MacBookがひっそりNewモデルになっても結局そのままで
OS 10.5のアップグレードキャンペーンがもうすぐ終わるので
諦めて買ってしまいました。

でもいいんです。
旧PwerBookユーザーの私的には黒のMacBookは待ち望んでいたもの。
かつ仕事上Win環境が必要なのでどうしても投資が分散するのを
一つにまとめられる利点があり
X30はドライブなし、PBG3はドライブ不良で不便だった事
まさかの時に簡単にHDDを取り出せる整備性を考えると
MacBookが実はベストの選択なんです。
 
あぁ。ローンだ、ローンだ。
 
でもよかった。値切りはほとんど効かずでしたが
なんかお買い物券6000円分が貰えて
帰って箱を開けたらLeopardのアップグレードCDも最初から付いてた!
キャンペーン価格の1280円も結局要らない事に。
実質ローン金利差し引いても5〜6千円値引いてくれた感じ。
 
それと。
そこのコジマで買った理由がもう一つ。
それはまた次にでも。
 
フフフ。


2007年6月25日 (月)

急場しのぎ

以前ThinkPad X30のPCカードスロットが
ダメになったことは書いた。
それ以降、ウチは無線化してしまっているので
有線でLANにつなぐにはかなり不都合が伴う為
結局外部に接続できない状態だった。
オークションでマザーボードを探すも
なかなかいい値段がして踏み切れない。
このままだと非常に不便。
通常モデルでは内臓されているminiPCIのカードを
購入するのも考えたが
アンテナすら内蔵していないモデルだとマズイ。
色々と思い悩んだ挙句
結局下の写真のUSBの無線LANアダプタを購入。
郊外のPCパーツ屋さんだったので高いのかと思ったが
案外そうでもなく、2500円弱で
これならキタやミナミまで出かけて行くよりいいかも。
 
PCカードスロットを使わない生活に慣れようと思ってね。
...次はMacBook買うって決めてるから。
 
まだ先だけど。
 
84_8oqps

最近のトラックバック

管理用

★お知らせ★

  • pcg_annai

twitter